FC2ブログ

福祉教育サポーター養成講座②

2018.10.04.19:57

H30年10月4日(木)
福祉教育サポーター養成講座2日目
車いす操作法について
まず、どのように実施しているか、注意点について説明
DSC08490_R.jpg DSC08487_R.jpg DSC08497_R.jpg
実際に乗って操作します
DSC08506_R.jpg DSC08509_R.jpg DSC08511_R.jpg
狭いところ、坂道(スロープ)、未舗装、小さな段差
DSC08514_R.jpg DSC08517_R.jpg DSC08518_R.jpg
段差もほんの少し高くなると簡単には通れません
IMG_3893_R.jpg IMG_3896_R.jpg DSC08530_R.jpg
長い下り坂も慎重に・・・ 子供たちへのアドバイスのポイント
DSC08531_R.jpg DSC08534_R.jpg DSC08540_R.jpg
皆さん交代して体験します
DSC08551_R.jpg DSC08553_R.jpg DSC08555_R.jpg
後ろの重心のかけ方、力の入れるタイミングなど確認
DSC08557_R.jpg DSC08558_R.jpg DSC08569_R.jpg
介助、キャスター上げの角度、重心が安定する確認
DSC08576_R.jpg DSC08580_R.jpg 
押すときの注意点、車間距離や車幅の確認、介護者の足元の確認
DSC08582_R.jpg DSC08585_R.jpg DSC08588_R.jpg
段差体験、介助者の足元の位置やタイミングなどポイント確認
DSC08589_R.jpg DSC08590_R.jpg DSC08592_R.jpg
皆さんコツをつかむのが早かったようです
DSC08593_R.jpg DSC08618_R.jpg
重度の患者も同じように段差越えしてよいか質問が出ました
福祉学習の中の〝車いす操作法〟では、
一般的に足を怪我した方や足が不自由になった高齢者等の介助を想定しています
自分で体が保持できない方、
体全体がマヒ状態の方や少し触ると痛がるような状態の方は別途
介護技術に入っていくので今回の講習では実施していません

次回は来週10月11日(木)
視覚障がい者の理解と誘導法の講習です

福祉教育サポーター養成講座①

2018.10.03.10:41

H30年9月27日(木)
福祉教育サポーター養成講座が始まりました
第1日目は高齢者疑似体験について
まず、ボランティアの心得やどのように実施しているか注意点について説明
DSCN2116_R.jpg DSCN2118_R.jpg DSCN2119_R.jpg
疑似体験グッズの確認と装着方法
DSCN2129_R.jpg DSCN2132_R.jpg DSCN2133_R.jpg
装着方法の確認 実際に装着
DSCN2135_R.jpg DSCN2136_R.jpg DSCN2160_R.jpg
会館内のコースを歩きます
DSCN2166_R.jpg DSCN2168_R.jpg DSCN2172_R.jpg
階段上り
IMG_3844_R.jpg DSCN2173_R.jpg DSCN2176_R.jpg
明るい廊下と暗い廊下
DSCN2178_R.jpg DSCN2181_R.jpg IMG_3848_R.jpg
階段下り
DSCN2188_R.jpg IMG_3836_R.jpg IMG_3833_R.jpg
自動販売での機購入から取り出し 
DSCN2238_R.jpg IMG_3851_R.jpg DSCN2195_R.jpg
見る 拾う
DSCN2196_R.jpg DSCN2198_R.jpg IMG_3837_R.jpg
ペットボトル飲料水を飲む 書く 一通り体験し交代します
DSCN2201_R.jpg DSCN2202_R.jpg DSCN2206_R.jpg
中学生以上のグッズと小学生用グッズの違いの確認
DSCN2256_R.jpg DSCN2257_R.jpg DSCN2258_R.jpg
装着の仕方の確認 実際のサポーターでの様子やボランティアについての体験談
DSCN2263_R.jpg DSCN2266_R.jpg DSCN2279_R.jpg
次回は10月4日(木)車いす操作法について学びます

教育サポーター講座

2018.09.04.11:37

9月10日(月)受付開始!
50チラシ-30_Page_1

ボランティア講座(知的障がい児編)

2018.08.04.11:30

30知的V講座50

こどもスクール(報告)

2018.08.01.12:11

7月25日(水)から27日(金)の3日間
親子で参加できる小学4年生から6年生対象の
こどもスクールを実施しました

参加者の声を一部紹介 ~ 子ども 保護者 ~
1日目は視覚障がい者の理解と点字体験
難しかったけれど点字を打つのが楽しかった。
点字で自分の名前を打つことができた。点字は覚えるのが難しかった。
学校で点字をやったことがあるけれどその時よりたくさんの事を教えてもらえたのでよかった。
やっぱり点字を覚えるのは大変だなと思った。白杖の人が事故にあう話を学校で聞いたことがあったけどやっぱり衝撃的だった。目がみえる人の責任だから自分の周りの人に教えたいと思った。
点字は初めての経験だったがとても難しかった。まずはあ行の点を覚えたい。しおり作りは自分の名前を点字で打つことが出来て嬉しかった。
学生時代、アルバイト先に白杖の方がよくみえた。その頃はまだ点字ブロックも少なく、駅近くのコンビニだったので交通量の多い道を上手に歩くことが出来ていたのは目の見えない方が身体や歩数、白杖をフルに使っていたことがわかった。
盲目の人には積極的に手助けが必要な事と痛感しましたので今後生かしていきます。
点字の指導を受けた事、初めての事なので得るものがありました。

2日目は聴覚障がい者の理解と手話体験
覚えるとすごく楽しいというのがわかった。手話で自分の名前を紹介できるようになれた。
難しかったけれど手を動かすことが楽しかった。
本当に耳の聴こえない人が来てくれてびっくりした。伝言ゲームも楽しかった。
本当に耳が聞こえない人が来て先生になってくれるなんて思いませんでした。手話を覚えるのは少し大変だったけど、他にある種類を覚えるのはもっと大変だなぁと思った。お出かけした時に手話を使ってもわからない人が多いと思うので大変だと思う。
耳の不自由な方とのコミュニケーションは手話の他に相手の顔を見て、ジェスチャーや筆談など、相手を理解しようという気持ちを健常者との会話よりも強く持たなくてはと思います。無意識に接していることに気づきました。
以前に習ったことがあった。きっかけは選挙の投票所にいた市職員の方が手話でろうの方と話をされていたのを見たこと。今回1番楽しかったのはやはりジェスチャーゲーム。「なんでそうなるの?」というほど伝わらず、面白く歯がゆい…その後の先生のお話で、伝えようとする方も一生懸命、受け取る方もじっと集中する事の大切さがわかり、すべての事に通じることだなと改めて考えさせられる体験だった。

3日目は車いす体験
ずっと車いすにのっているのは大変だなと思い、介助があるとすごく楽だった、
そして安心できました。自分で車いすをこぐととても大変で疲れた。これを毎日やっているのはすごいと思った。
学校で乗ったことはあったが道路などでのったことは初めてだったのでドキドキした。
こぐのは難しかったけれど押すのは話しかけながらやるのが楽しかった。
どんな人が乗っているのかを学べた。良い経験になった。
車いすに乗ってこぐのは簡単だと思っていたが、とても難しかった。
想像以上に腕の筋肉を使い少しの段差でも前進が難しいと実感した。自転車等の停車位置も意識をしていかなければと感じた
人に伝えたいことは人に伝わらないと意味がない。手話体験の時にも感じた“伝える”ということの難しさ。家族の病気で使ったことはあったが、自操や介助してもらったことは初めて。普段普通に走ったり歩いたりしている道がとても長く感じた。3日間色々な体験が出来た。

今年も親子で参加できるスクールとして開催
保護者と一緒に就学前のお子さんも参加があり一緒に体験しました
最終日は参加した子供たちに修了証を発行しました。
#パーフェクト修了証(見本リサイズ)
3日間の体験の様子は
more をクリック


more...

親子で参加「子どもスクール」

2018.06.27.09:52

今年も市内在住の小学生4・5・6年生対象に
「こどもスクール」を開催します
お子さんだけでももちろん、親子で一緒に参加できるスクールです

(兄弟等低学年のお子さんも一緒に参加したい保護者の方はご相談ください)
ブログUp

30年度 初心者手話講習会のお知らせ

2018.06.14.17:15

募集は6月18日(月)からです
初心者手話講習会募集チラシ2
IMG_1229_R.jpg IMG_1226_R.jpg

傾聴ボランティア講座(お詫び)

2018.06.03.08:40

平成30年6月2日(土) 一般公開講座
13:30から実施予定でしたが
講師の都合により急遽
6月16日(土)に変更いたしました。
時間:13:30~16:30
参加された皆様申し訳ございませんでした

当日は神奈川県傾聴赤十字奉仕団の団員が
傾聴についてのお話をさせていただきました

来週(6月9日)は予定通り第2日目として
予定通り〝福祉会館〟にて開催いたします
3日目が 一般公開講座となりますが会場は
〝福祉会館〟のままとなりますので
お間違えの無いようお願いします

傾聴ボランティア講座のお知らせ

2018.05.10.12:20

〝1回目のみ〟または〝全3回の出席〟どちらかでお申し込みください
駐車場に限りがございますので公共交通機関をご利用ください


1-3 H30 傾聴講座チラシ
受付は5月21日(月)からとなっていますが、
お問合せ等は事前にお受けいたします

保育ボランティア講座のお知らせ

2018.05.10.12:20

駐車場に限りがございますので公共交通機関をご利用ください
受付は5月21日(月)からとなっていますが、
お問合せ等は事前にお受けいたします

保育ボラ講座チラシ1
保育ボラ講座チラシ2

「拡大図書新人講習会」受講者募集

2018.04.20.12:53

1.目 的  
 弱視児童や生徒のために、教科書や図書を拡大写本する方法を
 学びながら、視覚障がいへの理解を深めていきます。
2.日 時  
 平成30年5月9日(水)~5月30日(水) 全4回 
 毎週水曜日 (5/9、5/16、5/23、5/30)
 13:30~14:30
3.会 場  
 平塚市福祉会館 2階 第3会議室(平塚市追分1-43)
4.内 容
 パソコンを使って文字を拡大写本し、教科書や図書等を作成
する方法を学びます。
5.募集人数 
 5人(先着順)
6.受講料
  500円(資料代として)
7.持ち物
  筆記用具
8.申込方法
 電話、またはボランティアセンターへ来館
 (平塚市福祉会館1階)にて申込受付
 *申込必要事項 氏名・電話番号
 【4月23日(月)午前9時から受付開始】
9.問合先
 社会福祉法人 平塚市社会福祉協議会 ボランティアセンター
 月曜日から金曜日(土日祝日は、休み)8:30~17:00
 電話33-0007 

平日ボランティアスクール⑥

2018.03.06.11:42

平日スクール最終日は
平塚ボランティア連絡会の紹介です
ボランティアセンターからはボランティア連絡会12団体の紹介他
保険やその他のボランティア説明をしました
1_20180306092423562.jpg V連説明_Page_2_R
V連説明_Page_3_R V連説明_Page_4_R V連説明_Page_5_R
さざ波 主な活動場所は市民病院です
2_20180306092425f97.jpg 3_20180306092426503.jpg
車いすを押したり、散策したり ただいま男性の方大募集です
V連説明_Page_28_R V連説明_Page_27_R
傾聴赤十字奉仕団
4_20180306092428200.jpg V連説明_Page_36_R
毎年6月に全3回の専門講座を開催しています
V連説明_Page_35_R V連説明_Page_34_R
歌唱赤十字奉仕団
5_20180306092429711.jpg 6_201803060924315ad.jpg
実際に市内施設に出向き、こんなことをやっています
V連説明_Page_38_R V連説明_Page_39_R V連説明_Page_37_R
今回最終日にPRに来られた団体は3団体でしたが
参加された皆さん色々なボランティアに興味を示されたようです
7_20180306092432a10.jpg
団体ではなく個人で活動するボランティア
施設・学校ボランティアや保育ボランティアに
興味を示された方もいらっしゃいました

ボランティア養成講座(災害時編)②

2018.02.26.13:43

2月24日(土)福祉会館にて
ひらつか災害ボランティアネットワーク主催で
ボランティア養成講座(災害時編)2回目を実施しました。
99-0.jpg
本日は災害時VNC運営ミニ体験です
2_201802261310042b6.jpg 3_20180226131005043.jpg 1_20180226131003011.jpg 
最初は参加者側の流れを体験
4_20180226131007ff6.jpg 5_20180226131008eac.jpg 6_20180226131010088.jpg
発災直後の想定ニーズ
7_201802261310117cc.jpg 8_20180226131013752.jpg 9_20180226131015e1e.jpg
受付・登録~帰着・報告まで体験しました
10_201802261310164e5.jpg 11_201802261310583ad.jpg 12_20180226131100d62.jpg
発災から数週間後の想定ニーズ
13_20180226131101828.jpg 14_20180226131103bcf.jpg 15_201802261311041db.jpg
最後に運営側を体験してみます
16_20180226131106a14.jpg 17_2018022613110723c.jpg 18_201802261311094d4.jpg
少人数のミニ訓練でも受付・登録には時間がかかります
実際には大勢のボランティアさんがお手伝いに訪れると思います
運営側のボランティアをしていただける方
ひらつか災害VNにお声がけください。

平日ボランティアスクール⑤

2018.02.22.19:07

平日スクール第5日目は
専門講座でも人気の手話体験です
 耳が聞こえない方に伝えるためにはどうするか
紙に書く、ジェスチャー、空書、口話、手話 他に・・・
 触手話や点字・・・
口話は口の動きで読み取ります。
 でも似たもので読み取るのが難しい言葉もあります
1_20180222184331b67.jpg 2_20180222184333b6a.jpg 3_201802221843342c6.jpg
触手話は聴覚障がい者でありながら目が見えなくなってしまった方
また、視覚障がい者でありながら耳が聞こえなくなってしまった方は点字です
色々な聴覚障がい者グッズ紹介
4_201802221843366f7.jpg 5_20180222184337fb5.jpg 6_20180222184439e7e.jpg
振動や光でお知らせします 休憩後は手話で挨拶や簡単な単語を学びます
7_201802221844406f4.jpg 8_20180222184442891.jpg 9_20180222184443639.jpg
名前は ハンコを意味する手話 自己紹介をお互いしてみます
10_20180222184445194.jpg 11_20180222184446192.jpg 12_201802221844481fa.jpg
色々な感じも学びました
 地方によって手話が少し違う〈方言みたいなもの〉もあるようで・・

次回は最終3月1日(木)色々なボランティア団体の紹介です

ボランティア養成講座(災害時編)

2018.02.20.19:22

2月17日(土)福祉会館にて
ボランティア養成講座(災害時編)を実施しました。

午前中は、市の災害対策課の職員による
平塚市に想定される災害について
3_201802231928448ca.jpg
神奈川県安全防災部職員による
神奈川県に想定される災害について
6_20180223192845b6c.jpg
午後は休憩をはさみ、図上訓練
地域で災害が起こったら・・・
2つのグループに分かれ考えてみました
9_20180223192847d5b.jpg 10_201802231928489c2.jpg 11_20180223192850de6.jpg

13_2018022319285115c.jpg 14_2018022319285395b.jpg
最後に社協職員からの講話と運営DVD 
「災害時ボランティアネットワークセンター」について
助け上手・助けられ上手について

次回は2月24日(土)10:00~12:00
「災害時ボランティアネットワークセンター」の運営について
実際にミニ訓練を体験してみます
その時の様子は
災害時ボランティアネットワークセンター ひらつか ブログ 
http://hvnc.blog.fc2.com/blog-entry-120.html
をご覧ください
プロフィール

hiratsukavc

Author:hiratsukavc
平塚市社会福祉協議会の
運営するボランティアセンター(VC)です
福祉ボランティアの
ご相談は
0463-33-0007(直通)
平日8:30~17:00

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
今日のカウンター
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
198位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
39位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント