FC2ブログ

ペットキャップについて

2018.08.31.14:13

ボランティアセンターに集まったペットキャップですが、
今まで、「ペットキャップリサイクル湘南」に回収していただき
仕分け→換金→ワクチン(寄付)していただいておりました
「ペットキャップリサイクル湘南」がキャップを保管している場所の
工事があり活動をしばらく休止とのことでしたので
今回、集まったペットキャップは、
Reライフスタイルさんにお預けいたしました
収集場所はスマートコミュニティー㈱
 平塚市横内401-1
最終的には今まで通り
NPO法人「世界の子供にワクチンを日本委員会JCV」に届くようになります。
キャップワクチン_Page_1
回収はペットボトルのキャップのみです
時々醤油の蓋やコーヒーの瓶の蓋などが混ざっている場合があります
持込されるときもう一度確認していただきますようお願いします  

注意 領収 30ポスター

この夏、猛烈な暑さもあり42㎏のペットキャップが集まりました。

旭北地区社協(車いす、誘導法)

2018.08.24.15:53

8月24日(金)10:00~12:30
福祉会館にて福祉学習を実施しました
旭北地区社会福祉協議会 24人(6人 18人)
まずは視覚障がい者の理解と誘導法
DSCN1944_R.jpg IMG_3108_R.jpg DSCN1951_R.jpg
一般道、細道、階段、お茶出し など説明を受けます
DSCN1954_R.jpg DSCN1955_R.jpg DSCN1960_R.jpg
一通りの説明を受けたら実施練習 雨が上がったので外に出ます
DSCN1961_R.jpg IMG_3116_R.jpg IMG_3117_R.jpg
点字ブロックを感じ、外の空気や反射音が聞こえてきます
IMG_3119_R.jpg IMG_3123_R.jpg IMG_3121_R.jpg
下りスロープは怖い・・・階段は上り終わったら、ちゃんと誘導者が伝えること
IMG_3122_R.jpg IMG_3129_R.jpg IMG_3126_R.jpg
外から中に入ると涼しいのがわかる・・・
IMG_3131_R.jpg IMG_3133_R.jpg IMG_3136_R.jpg
階段を上って部屋に戻ります
IMG_3140_R.jpg IMG_3141_R.jpg IMG_3146_R.jpg
机、いすの位置をしっかり確認させてお茶出し 場所をちゃんと伝えること
IMG_3149_R.jpg IMG_3151_R.jpg IMG_3182_R.jpg
車いす介助法
車いすの開き方、閉じ方 声掛けして介助者が足をのせます
IMG_3183_R.jpg IMG_3184_R.jpg IMG_3192_R.jpg
キャスター上げの練習
IMG_3193_R.jpg IMG_3189_R.jpg IMG_3187_R.jpg
隣の部屋に移動します 出入口が狭く感じます
IMG_3201_R.jpg IMG_3202_R.jpg IMG_3207_R.jpg
狭いコースをぶつけないように介助して押します
IMG_3225_R.jpg IMG_3226_R.jpg IMG_3227_R.jpg
段差体験 後ろのタイヤは持ち上げないで押すように
IMG_3249_R.jpg IMG_3250_R.jpg IMG_3251_R.jpg
上りと下りを体験します
IMG_3194_R.jpg IMG_3198_R.jpg IMG_3216_R.jpg
乗っているほうも少し怖いです 見ていると簡単そうだけど・・・
IMG_3217_R.jpg IMG_3237_R.jpg IMG_3233_R.jpg
実習生も一緒に体験
IMG_3238_R.jpg IMG_3229_R.jpg IMG_3264_R.jpg
皆さんお疲れさまでした 

ボランティアの保険について

2018.08.15.11:51

ボランティア活動中のケガや事故

平塚市民の皆さんは平塚市で加入している
平塚市市民活動災害補償制度が適応されます

ボランティア活動保険は有料ですが内容が充実しています
平塚市市民活動災害補償制度 だけではちょっと不安という方は
平塚市社会福祉協議会ボランティアセンターで加入することができます
(平日9:00~17:00)
保険料や補償内容など
https://www.fukushihoken.co.jp/fukushi/front/council/volunteer_activities.html
基本タイプ A350円 B510円
天災タイプ A500円 B710円
なるべくお釣りのないようお願いします

 被災地にボランティアに行かれる方は
保険に未加入の場合現地で活動できない場合があります
お住いの社会福祉協議会で保険に加入してから
現地に向かうようにしましょう 

平成30年度平塚市総合防災訓練

2018.08.15.08:47

平成30年8月18日(土)
平塚市総合公園はらっぱで
平塚市総合防災訓練を実施します
あああ
平塚市社協でもボランティア活動保険や
災害ボランティアセンターについてのパネル展示等をおこないます
悪天候で中止決定の場合は朝7時に平塚市のHPトップページにて発表されます

当日の様子
http://hvnc.blog.fc2.com/blog-entry-163.html

第38回ジュニアリーダー養成講習会

2018.08.07.12:15

今年もジュニアリーダーの時期になりました
7月31日(金) 3回目の研修として市役所ロビー、青少年会館で
・車いす操作法(市役所からヤオコーまでと買い物体験)
・グループワーク
 (高齢者、障がい者が住みやすい福祉のまちづくりについて)を行いました
車いす操作法の練習 ロビーで練習 ちょっとの段差にも苦戦します
DSC04513_R.jpg DSC04517_R.jpg IMG_2870_R.jpg
ヤオコーに向けて出発 横断歩道は気を付けて 2回に分けてわたります
IMG_2889_R.jpg IMG_2894_R.jpg IMG_2898_R.jpg
ヤオコー到着 スロープ側に回って中に入ります
IMG_2901_R.jpg IMG_2902_R.jpg IMG_2905_R.jpg
買い物体験 低いところは見えるけど・・・ パンを買うのは慎重に落とさないように
DSC04534_R.jpg IMG_2917_R.jpg IMG_2940_R.jpg
お会計したら2回のダイソーに
IMG_2924_R.jpg IMG_2946_R.jpg DSC04530_R.jpg

IMG_2954_R.jpg IMG_2962_R.jpg DSC04529_R.jpg
買い物終了 市役所に戻ります
IMG_2965_R.jpg IMG_2966_R.jpg IMG_2967_R.jpg
信号は素早くわたって 上り坂・・・
IMG_2969_R.jpg IMG_2970_R.jpg DSC04543_R.jpg
午後のグループワークの様子
DSC04552_R.jpg DSC04553_R.jpg IMG_2977_R.jpg
誰もが住みよいまちづくりについて
IMG_2978_R.jpg IMG_2979_R.jpg IMG_2980_R.jpg
ハード面、ソフト面 自分たちができることなど話し合いました
IMG_2981_R.jpg IMG_2986_R.jpg 
Bグループの発表
IMG_2994_R.jpg IMG_2996_R.jpg
Aグループ発表
IMG_3002_R.jpg IMG_3001_R.jpg
Cグループ発表
IMG_3004_R.jpg IMG_3008_R.jpg

ボランティア講座(知的障がい児編)

2018.08.04.11:30

30知的V講座50

松延小学校(車いす・高齢者疑似、手話)

2018.08.02.13:47

松延小学校から今年度実施した
高齢者疑似体験、車いす体験、手話体験の様子  
が届きましたので報告します
前回掲載した、車いすと疑似体験の記事はこちら 
http://hiratsukavc.blog.fc2.com/blog-entry-404.html
6月13日(水)の午前午後通しで
車いすと高齢者疑似体験を実施
7月10日(火)、12日(木)、13日(金)に
それぞれのクラスごと手話体験を実施しました
学校からの提供写真は moreをクリック

more...

こどもスクール(報告)

2018.08.01.12:11

7月25日(水)から27日(金)の3日間
親子で参加できる小学4年生から6年生対象の
こどもスクールを実施しました

参加者の声を一部紹介 ~ 子ども 保護者 ~
1日目は視覚障がい者の理解と点字体験
難しかったけれど点字を打つのが楽しかった。
点字で自分の名前を打つことができた。点字は覚えるのが難しかった。
学校で点字をやったことがあるけれどその時よりたくさんの事を教えてもらえたのでよかった。
やっぱり点字を覚えるのは大変だなと思った。白杖の人が事故にあう話を学校で聞いたことがあったけどやっぱり衝撃的だった。目がみえる人の責任だから自分の周りの人に教えたいと思った。
点字は初めての経験だったがとても難しかった。まずはあ行の点を覚えたい。しおり作りは自分の名前を点字で打つことが出来て嬉しかった。
学生時代、アルバイト先に白杖の方がよくみえた。その頃はまだ点字ブロックも少なく、駅近くのコンビニだったので交通量の多い道を上手に歩くことが出来ていたのは目の見えない方が身体や歩数、白杖をフルに使っていたことがわかった。
盲目の人には積極的に手助けが必要な事と痛感しましたので今後生かしていきます。
点字の指導を受けた事、初めての事なので得るものがありました。

2日目は聴覚障がい者の理解と手話体験
覚えるとすごく楽しいというのがわかった。手話で自分の名前を紹介できるようになれた。
難しかったけれど手を動かすことが楽しかった。
本当に耳の聴こえない人が来てくれてびっくりした。伝言ゲームも楽しかった。
本当に耳が聞こえない人が来て先生になってくれるなんて思いませんでした。手話を覚えるのは少し大変だったけど、他にある種類を覚えるのはもっと大変だなぁと思った。お出かけした時に手話を使ってもわからない人が多いと思うので大変だと思う。
耳の不自由な方とのコミュニケーションは手話の他に相手の顔を見て、ジェスチャーや筆談など、相手を理解しようという気持ちを健常者との会話よりも強く持たなくてはと思います。無意識に接していることに気づきました。
以前に習ったことがあった。きっかけは選挙の投票所にいた市職員の方が手話でろうの方と話をされていたのを見たこと。今回1番楽しかったのはやはりジェスチャーゲーム。「なんでそうなるの?」というほど伝わらず、面白く歯がゆい…その後の先生のお話で、伝えようとする方も一生懸命、受け取る方もじっと集中する事の大切さがわかり、すべての事に通じることだなと改めて考えさせられる体験だった。

3日目は車いす体験
ずっと車いすにのっているのは大変だなと思い、介助があるとすごく楽だった、
そして安心できました。自分で車いすをこぐととても大変で疲れた。これを毎日やっているのはすごいと思った。
学校で乗ったことはあったが道路などでのったことは初めてだったのでドキドキした。
こぐのは難しかったけれど押すのは話しかけながらやるのが楽しかった。
どんな人が乗っているのかを学べた。良い経験になった。
車いすに乗ってこぐのは簡単だと思っていたが、とても難しかった。
想像以上に腕の筋肉を使い少しの段差でも前進が難しいと実感した。自転車等の停車位置も意識をしていかなければと感じた
人に伝えたいことは人に伝わらないと意味がない。手話体験の時にも感じた“伝える”ということの難しさ。家族の病気で使ったことはあったが、自操や介助してもらったことは初めて。普段普通に走ったり歩いたりしている道がとても長く感じた。3日間色々な体験が出来た。

今年も親子で参加できるスクールとして開催
保護者と一緒に就学前のお子さんも参加があり一緒に体験しました
最終日は参加した子供たちに修了証を発行しました。
#パーフェクト修了証(見本リサイズ)
3日間の体験の様子は
more をクリック


more...

プロフィール

hiratsukavc

Author:hiratsukavc
平塚市社会福祉協議会の
運営するボランティアセンター(VC)です
福祉ボランティアの
ご相談は
0463-33-0007(直通)
平日8:30~17:00

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
今日のカウンター
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
335位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
78位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント