FC2ブログ

福祉教育サポーター養成講座②

2018.10.04.19:57

H30年10月4日(木)
福祉教育サポーター養成講座2日目
車いす操作法について
まず、どのように実施しているか、注意点について説明
DSC08490_R.jpg DSC08487_R.jpg DSC08497_R.jpg
実際に乗って操作します
DSC08506_R.jpg DSC08509_R.jpg DSC08511_R.jpg
狭いところ、坂道(スロープ)、未舗装、小さな段差
DSC08514_R.jpg DSC08517_R.jpg DSC08518_R.jpg
段差もほんの少し高くなると簡単には通れません
IMG_3893_R.jpg IMG_3896_R.jpg DSC08530_R.jpg
長い下り坂も慎重に・・・ 子供たちへのアドバイスのポイント
DSC08531_R.jpg DSC08534_R.jpg DSC08540_R.jpg
皆さん交代して体験します
DSC08551_R.jpg DSC08553_R.jpg DSC08555_R.jpg
後ろの重心のかけ方、力の入れるタイミングなど確認
DSC08557_R.jpg DSC08558_R.jpg DSC08569_R.jpg
介助、キャスター上げの角度、重心が安定する確認
DSC08576_R.jpg DSC08580_R.jpg 
押すときの注意点、車間距離や車幅の確認、介護者の足元の確認
DSC08582_R.jpg DSC08585_R.jpg DSC08588_R.jpg
段差体験、介助者の足元の位置やタイミングなどポイント確認
DSC08589_R.jpg DSC08590_R.jpg DSC08592_R.jpg
皆さんコツをつかむのが早かったようです
DSC08593_R.jpg DSC08618_R.jpg
重度の患者も同じように段差越えしてよいか質問が出ました
福祉学習の中の〝車いす操作法〟では、
一般的に足を怪我した方や足が不自由になった高齢者等の介助を想定しています
自分で体が保持できない方、
体全体がマヒ状態の方や少し触ると痛がるような状態の方は別途
介護技術に入っていくので今回の講習では実施していません

次回は来週10月11日(木)
視覚障がい者の理解と誘導法の講習です

comment

Secret

プロフィール

hiratsukavc

Author:hiratsukavc
平塚市社会福祉協議会の
運営するボランティアセンター(VC)です
福祉ボランティアの
ご相談は
0463-33-0007(直通)
平日8:30~17:00

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
今日のカウンター
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
169位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
35位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント